1: 名無しさん 2016/11/17(木) 18:35:43.71

    ポケGO規制で愛知県知事に協力要請 ながら運転のトラックにはねられ…息子死亡の父

    スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を操作していたとされる男のトラックにはねられ死亡した
    愛知県一宮市の小学4年、則竹敬太君=当時(9)=の父、崇智さん(46)が17日、愛知県の大村秀章知事と面会した。
    崇智さんは、運転中の利用制限の強化をゲーム運営会社に働き掛けるほか、スマホを見ながら運転した場合の厳罰化を国に求めるよう要請した。
    敬太君は10月26日、下校途中で横断歩道を渡っている際にはねられた。崇智さんは、事故の衝撃でひしゃげた水筒や敬太君の写真を持参。
    「悔しくて仕方がない。こんな悲しいことを二度と起こしてはいけない」と涙ながらに訴え、通学路の安全確保も求めた。
    大村氏は「将来ある子の命が奪われ無念だ。運営会社や国に働き掛けを続けたい」と応じた。相次ぐ事故を受け、
    運営会社は、ゲーム中に一定の速度以上で移動すると、ポケモンなどが入手できなくなるよう仕様変更。ただ低速で走行すれば通常通りプレイできる。

    http://www.sankei.com/affairs/news/161117/afr1611170017-n1.html
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:V:512:----: EXT was configured


    引用元: http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1479375343/

    【【悲報】 ポケGOに子供を殺された父親「これから規制を国、県、運営会社に働きかけ続けるぞ」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2016/11/16(水) 18:22:26.40 ID:W37PBblc0 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典

    7月に6割だった20代の「Pokémon GO」利用率。11月時点で3割に ~ジャストシステム調べ
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1030225.html
    株式会社ジャストシステムは16日、「位置情報アプリに関する実態調査」結果を発表した。

    対象はスマートフォンを所有する10~50代の男女746名。調査期間は2016年11月10日~14日。
    位置情報アプリのジャンル別利用率ランキングは、1位がゲームで50.9%、2位がクーポンで35.7%、3位がグルメで29%だった。

    また、対象者を1,106名に広げた「Pokémon GO」に関する質問では、7月の調査時点で39.8%だった利用率が23.7%に減少。
    特に、20代のユーザーにおける利用率は7月の60.7%から29.9%に大きく落ち込んだ。

    一方、利用者が今もプレイを続ける理由として最も多かったのは「欲しいポケモンをまだ入手できていないから」で41.6%。
    次いで、「楽しいから」(38.2%)、「なんとなく」(35.9%)という回答があった。
    また、新たなポケモンが追加された場合、どれくらい利用を継続するかを聞いたところ、
    「6~12カ月未満」が7.6%、「12カ月以上」が23.3%で、合わせて30.9%が半年以上継続する意向と答えた。


    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1479288146/

    【若者のポケモンGO離れ】の続きを読む

    1: 名無しさん 2016/11/05(土) 08:51:15.62 ID:3NXzo/v30 BE:793572921-PLT(15000) ポイント特典

    漂うコレジャナイ感…

    9月に宮城県が特別予算として3,000万円を計上し、ケンタロスやバリヤードといった北米や欧州でしか出現しないポケモンを
    期間限定で被災地に出してもらうよう、Nianticに打診していることが明らかとなった際には、
    全国の「ポケモンGO」ユーザーから多くの注目が集まった一方で、
    本当に彼らの期待に応えられるのだろうか、という懸念も出ていました。

    今回のイベントは残念ながら、その不安が具現化してしまったと言わざるを得ません。
    どれもあえて遠方から足を運ぶ必要がないものばかりで、イベント開催地である中瀬公園近隣の住民が参加して終わり、
    という事態を思い浮かべるユーザーも少なくはないでしょう。

    no title


    「出現するポケモンに特別な変化はございません」

    と大きく記載された公式ページの注意書きは、
    今回のコラボレーションでユーザーが何を求めているのかを分かっていながらも実現できずに終わってしまった、
    という運営側の無念さがひしひしと伝わってきます。
    今後更なるイベントが続くことを願わずにはいられません。

    http://iphone-mania.jp/news-143283/


    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1478303475/

    【【悲報】 こんなはずでは…宮城県×ポケモンGOのコラボ詳細が明らかになる】の続きを読む

    このページのトップヘ